質の高いケアマネジメントを実現し豊かな地域社会の創造に貢献します

研究大会のお知らせ

第15回研究大会(北九州)のご案内

  平成28年6月18日(土)~19日(日)「北九州国際会議場」

「すべての人々の明るい未来を目指して」ケアマネジメントを担う人の専門性を探る。アジアへの発信!

画像
大会長 白木 裕子
株式会社 フジケア副社長

「日本ケアマネジメント学会 第15回研究大会 in 北九州」開催のご挨拶  このたび、第15回日本ケアマネジメント学会研究大会を平成28年6月18日(土)と19日(日)に、北九州市国際会議場をメイン会場として開催させていただくこととなりました。北九州市に皆様をお迎えするにあたり、歓迎のご挨拶を申し上げます。 本大会のメインテーマは、「すべての人々の明るい未来を目指して ~ケアマネジメントを担う人々の専門性を探る。アジアへの発信!~」といたしました。 第15回目を迎える今回の研究大会では、介護保険制度における高齢者ケアの領域のみならず、ケアマネジメントの対象を障がいや生活困窮など、支援を必要とする全ての人々と幅広く捉えるとともに、ケアマネジメントを担う様々な職種の専門性に着目した研究発表を行うこととしております。 第一線で要介護高齢者や障がいのケアマネジメントを担っておられる多くの専門職が一堂に会して相互研鑽を行うことは、援助を必要している方の生活の質を高め、豊かな地域社会の構築に大きく寄与するものであります。また、今後さらに進展が見込まれております少子高齢社会において、より一層質の高いケアマネジメントを実現していくうえで大きな貢献ができるものと考えております。 開催地である北九州市は、アジアの玄関口に位置する地の利や公害克服の技術と経験を生かし、環境国際協力や循環型社会づくりの旗手として国際的に大きな情報発信力を有しています。また、市内にある官営八幡製鐵所関連施設が明治日本の産業革命遺産として、ユネスコ世界遺産委員会において世界文化遺産に登録決定され大きな注目を集めています。 今回、この地におきまして、日本に続いて公的介護保険制度を導入した韓国とこれから制度の導入を検討している台湾から講師をお招きして、共通の課題である高齢者のケアマネジメントについて共に研究し、その成果をアジアに向けて広く情報発信していくことは大きな意義があると確信しております。 本大会では、メインの研究発表のほかにも、前日より認定ケアマネジャー全体研修会を開催し、奥川幸子先生をコメンテーターにお招きをしての公開グループスーパビジョンを開催いたします。また、厚生労働省の担当課長をお招きしての在宅医療を考える市民公開講座など、魅力的なプログラムを皆様に提供できるよう、近県の介護支援専門員団体や地元NPO等が中心となって、鋭意準備を重ねているところです。 多くの皆様が北九州市にお越しくださり、本研究大会に積極的にご参加いただきますことを心よりお待ち申し上げます。

★★★★大会の案内はこちらから★★★★

連絡事項

  (H28.2.1)演題登録受付締切が延長になりました。:2016年2月12日(金)正午まで

  (H28.2.15)演題登録受付締切が延長になりました。:2016年2月29日(月)正午まで

  (H28.2.29)演題登録受付締切が延長になりました。:2016年3月10日(木)正午まで

  (H28.3.10)演題登録受付を締切とさせていただきました。

  (H28.3.30)ランチョンセミナーは事前申込を予定しております。申込方法は学会ホームページから申込される方の情報を入力していただきます。もうしばらくお待ちください。

認定ケアマネジャーの会主催全体研修会にご参加ください。

【非会員の方も参加できます】→申込みを締切とさせていただきました
    

■公開グループスーパービジョン~

       

■コメンテーター:奥川 幸子 氏 (対人援助トレーナー)

    

■スーパーバイザー:白木 裕子 氏 (株式会社フジケア副社長)

認定ケアマネジャー の会総会    6月17日(金)12:30受付13:00~13:45 

認定ケアマネジャー 主催全体研修会 6月17日(金)14:00~17:00 

          

全体研修会案内

過去の大会

第14回研究大会(横浜)

画像
大会長 服部 万里子
公益財団法人 長寿社会文化協会理事長

第14回大会は27年6月12・13・14日に横浜のみなとみらいで「地域包括ケアにおけるケアマネジメントの価値と役割の再構築」のテーマで開催され、1169人が参加されました。今回は、老年7学会老年7学会(日本老年医学会・日本老年歯科医学会・日本老年社会科学会・日本基礎医学会・日本老年精神医学会・日本老年看護学会・日本ケアマネジメント学会)合同で開催され(合計参加者8684人)合同シンポジウムが10本、合同ポスター発表が各学会3本、計21本発表され学際的な研究大会でした。 一年以上前から東京・千葉・神奈川・埼玉の介護支援専門員協会の実行委員会を中心に準備し、論議してきました。当日は神奈川県介護支援専門員協会を中心に多くのボランティアによる受付け、誘導、資料配布などの協力により、スムーズに開催ができました。また、多くの企業さんのランチョンセミナーや広告への協力により研究大会の会計報告が黒字になりました。多くの会員の皆様の協力に感謝いたします。ありがとうございました。 詳しいご報告を以下に掲載いたしましたので、ご覧ください。

第14回研究大会ご報告





第13回研究大会(新潟)

画像
大会長 丸田 秋男
新潟医療福祉大学副学長・社会福祉学部長

第13回日本ケアマネジメント学会研究大会(2014年7月19~20日/新潟)の開催に当たりましては、多大なるご支援をいただき厚くお礼申し上げます。 「2014年、すべての人たちのためのケアマネジメント~ソーシャルワークの視点で考える~」というテーマの下で、約900名のご参加をいただき、90題の演題発表等を通して有意義な大会を開催することができました。 また、大橋謙策先生の記念講演では、人間(ひと)と現代社会に対する深い学識と洞察に基づき、日本が抱えるケアマネジメントの課題と、その解決に向けた具体的方略を示唆していただきました。市民公開講座における蓮池薫先生の講演は、会場からしわぶき一つ聞こえませんでした。まさに「覚悟をもって聴く」ことを体験する貴重な学びの機会になりました。 大会会場は、あえて新潟市ではなく、地場産業が生み出すエネルギーと息づかいを実感できる街(燕三条)にいたしました。ご来県いただいた皆様には、ご不便をおかけすることも多くあったかと思いますが、本大会を日本海側で初めて開催することができましたことに、あらためて心から感謝申し上げます。 ご参加いただきました皆様、広告掲載やランションにご協力くださいました企業等の皆様、そして大会を支えていただいた実行委員並びにボランティアの方々に感謝申し上げ、お礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。



第12回研究大会(大阪)

〜平成25年6月5日6日ご参加いただいた多くの皆様、有難うございます。〜

画像
日本ケアマネジメント学会第12回研究大会
大会長 白澤政和
一般社団法人日本ケアマネジメント学会理事長
桜美林大学教授 

第12回日本ケアマネジメント学会研究大会(2013年6月5~6日/大阪)につきまして多大なるご支援をいただき、心よりお礼申し上げます。

会場が2つに分かれていたということでご不便をおかけし、多々不手際があったかと思いますが、どうかご容赦ください。

今回の大会には約800名の方にご参加いただき、また114題もの演題発表をいただき、たいへん有意義な大会を開催することができました。また、カンサス大学のゴスチャ先生の記念講演についても、多くの皆様から勉強になったというご意見を頂きました。

至らない点も多々あったかと存じますが、多くの方のご尽力により本大会を開催することができましたことを心より感謝申し上げます。今後とも当学会の活動にご高配賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ご参加頂きました皆様、広告掲載やランチョンにご協力を頂きました皆様、大会実行委員会の皆様に感謝を申し上げ、今後の益々のご健勝とご活躍をご祈念申し上げお礼の言葉とさせていただきます。

第12回研究大会のようす

クリックで拡大します。

開会式

開会式

大会長講演

大会長講演

記念講演

記念講演

     

    

    

    

懇親会

懇親会

     

    

     

    

    

閉会式

閉会式

   

   

第11回研究大会(広島)

〜平成24年7月14日15日ご参加いただいた多くの皆様、有難うございます。〜

画像
日本ケアマネジメント学会第11回研究大会
大会長 落久保裕之
一般社団法人日本ケアマネジメント学会理事
広島市域居宅介護支援事業者協議会会長 

7月14日朝、目覚めると広島は激しい豪雨でした。急いでテレビのスイッチを入れ、ニュースを見ると九州地方では広島以上の記録的な豪雨となっており、河川の氾濫が相次ぎ、JRなどは軒並み運休していると繰り返し伝えていました。広島の仲間と長い時間をかけ準備してきた第11回研究大会はちゃんと開催できるだろうか?九州の皆さんは大丈夫だろうか?という不安がよぎりました。それでも大雨の中、広島国際会議場に入ると、すでに事務局始めチーム広島の仲間達が駆けつけ、開会の準備を始めてくれていました。そこで「大雨だからこそ、大変な中でも参加してよかったとみなさんが思える大会にしましょう」という気持ちをチームで確認し、参加者のご来場をお待ちしました。すると会場受付をオープンにした頃より、なんとあれだけ降っていた雨もあがり、一部には晴れ間も顔を見せているではありませんか。そして「2012年、ケアマジメントの未来に向かって、今を見つめる」というテーマで、日本ケアマネジメント学会第11回研究大会が開会となりました。

開会式には松井一實広島市長もご臨席いただき、大会初日は私の大会長講演の後、鎌田實先生による「頑張らないけどあきらめない」のご講演です。つらい記憶も未だ薄れない東日本大震災への支援の活動などもお話いただきました。この度の広島大会へは被災地のケアマネジャーさんも参加されており、鎌田實先生のご講演で大変勇気をいただけたのではないでしょうか。午後からは橋本泰子理事長による教育講演を始め、白澤政和副理事長、堀尾愼彌理事にコーディネートしていただいたシンポジウム2セッションを開催。その後、エーザイ株式会社との共催で「認知症を考える市民公開講座」を行いました。講師は私の小学校からの同級生で竹馬の友である風見しんごさんです。風見さんの講演はご両親の介護や大切な娘さんを交通事故で失った体験を通じ、家族の絆の大切さを訴える内容で、満席の広島国際会議場フェニックスホールのあちらこちらからすすり泣く声が聞こえ、心の振るえを会場全体で感じるすばらしい講演会となりました。不安の中、始まった大会第1日目ですが、夜には懇親会を無事開催でき、全国からお越しいただいた皆様と東京大会から1年ぶりの再会を喜び、広島伝統の神楽「やまたの大蛇」をご堪能いただきました。

大会2日目、15日は朝から快晴で暑く夏らしい一日となりました。午前中は研究大会の主役である一般講演、ポスター発表です。この度の広島大会では全国より114演題もの発表申し込みがあり、8つの分科会そしてポスターセッションで発表していただきました。どのセッションも多くの聴取者であふれ、議論活発で大変熱気ある研究発表となっています。午後は広島ご出身の厚生労働省 阿曽沼慎司事務次官が、公務ご多忙のところ駆けつけくださいました。ご挨拶とともに国として今後の高齢社会に対する考え方をお話しいただき、引き続き厚生労働省老健局老人保健課の宇都宮啓課長に「平成24年度の改正介護保険制度」について具体的な内容でご講演していただきました。大会フィナーレは竹内孝仁副理事長、田中滋理事に座長をお務めいただいた「日本の高齢化社会の未来」についてのシンポジウムです。ケアマネジメントの視点で、高齢者社会そして地域包括ケアシステムの今後について、シンポジストの先生方、そしてフロアからも活発な議論が展開されました。こうしてすべてのプログラムをなんとか無事終了することができ、閉会式となりましたが、多くの方が広島県外よりのお越しだったにも関わらず、閉会式が始まっても席を立たれず、苦楽を共に準備してきたチーム広島のメンバーを多くの皆様に紹介することができました。また来年白澤政和副理事長が大会長をお務めになられる大阪での第12回研究大会へエールをもって引き継ぎを行いました。

この度の第11回研究大会では参加者が1,160名であり、関係者を合わせると1,200名以上という大変多くの方にご参集いただきました。多くのご参加によりとても熱気あふれる充実した時間を共有することができたのではないかと思っております。これらすべて橋本泰子理事長を始めとする学会理事の先生方並びに本部事務局、実行委員となっていただいた中国地方の介護支援専門員協会の皆様方、シンポジウムなどご出講をご快諾していただいた先生方、一般講演などで座長を務めていただいた認定ケアマネジャーの皆様、そして大会を支えてくれたボランティアスタッフの皆様のおかげです。感謝の気持ちをお伝えしたい関係者はまだまだたくさんおられるのですが、この度の大会を通じ感じたのは一人では頑張れない事や無理と思われる事も、仲間が一緒であれば乗り越えられるというチームアプローチの力強さです。これからの日本の高齢者社会においても地域包括ケアそしてチームアプローチケアで明るい未来が開けるのではないかと期待できるようになりました。

今一度ではありますが、日本ケアマネジメント学会第11回研究大会にお関わりいただいたすべての皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。

第11回研究大会のようす

クリックで拡大します。

開会式

開会式

大会長講演

大会長講演

記念講演

記念講演

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー

教育講演

教育講演

シンポジウム

シンポジウム

市民公開講座

市民公開講座

懇親会「神楽1」

懇親会「神楽1」

懇親会「神楽2」

懇親会「神楽2」

一般口演

一般口演

ポスター発表1

ポスター発表1

ポスター発表2

ポスター発表2

閉会式

閉会式

研究大会のお知らせ

学会誌・ニューズレター

総会資料・研究報告書他

認定ケアマネジャー資格制度

認定ケアマネジャーとは

認定試験のご案内

認定資格更新のご案内

認定ケアマネジャーの会

研修会の感想等